金沢かがやきブランド認定製品について

金沢かがやきブランドとは

新製品の開発を促進し、本市ものづくり産業の振興を図ることを目的として、金沢市内の中小企業者等が技術力や独創的なアイデア等を活かして、概ね1年以内に開発、製品化した新製品を募集し、その中で優秀と認められるものを「金沢かがやきブランド」として認定しています。

令和4年度金沢かがやきブランド認定製品を募集します

募集期間:令和4年6月1日(水曜日)から令和4年7月29日(金曜日)17時必着

 

異業種研修会館のアドバイザーが申請内容や申請書の記載方法などについて、アドバイスを行いますので、お気軽にご相談ください。
なお、相談は予約制のため、申請締切までの時間に余裕を持ってお問い合わせください。

相談場所・連絡先:金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400) 電話076-240-1934

 

募集案内(PDFファイル:279.4KB)

募集要項(PDFファイル:167.2KB)

※申請にあたっては、募集要項を必ずご確認ください。

適用申請書(Wordファイル:30.7KB)

適用申請書(PDFファイル:190.1KB)

認定のメリット

  1.  認定証と奨励金の交付
  2.  金沢かがやきブランド認定製品ロゴマークの使用
  3.  市や金沢かがやきブランドのホームページに認定製品を掲載
  4. 「金沢かがやきブランド情報発信チーム」活動を通じてのPR展開
  5.  認定製品の販路開拓(見本市出展等)に必要な経費の一部を支援
  6.  専門家によるフォローアップを実施(希望者)
     (注意)認定に至らなかった申請製品に対しても、審査会の推薦があった場合にはフォローアップを実施します。
  7.  見本市やイベントでのPR用のぼりや法被の貸出

金沢かがやきブランド認定製品ロゴマーク

金沢かがやきブランド認定製品のロゴマーク

認定製品の目印となるのが、このロゴマークです。
認定製品のパッケージやパンフレット、ホームページ等に使用していますので、ぜひご確認ください。

金沢かがやきブランド認定製品について

令和3年度は4製品を「金沢かがやきブランド」として認定しました。
平成18年度からこれまでに153製品、うち15製品を「大賞」として認定しています。

令和3年度認定製品

認定製品を紹介する、金沢かがやきブランドホームページは下記リンクをご覧ください。

金沢かがやきブランドをPRしています

認定製品を有する企業で構成する「金沢かがやきブランド情報発信チーム」(事務局:商工業振興課)においても、さまざまなPR活動を行っています。

事例1 金沢駅観光案内所での認定製品の展示

ショーケースに入った展示品の周りに集まり、男女が腕を組みながら見ている写真

金沢駅観光案内所において、期間限定で食品や生活雑貨のほか、冶具やデジタルサイネージなども、展示を行っています。

参加した企業の声

  • 県内外の方に製品を知っていただける良い機会となった
  • 観光のお客様が展示を見てお買い求めに来られた

事例2 金沢かがやきブランドを巡る旅の開催

エプロンを付けた男性が、機械の上部分を指さし、その部分を注目する男女3名の写真

金沢かがやきブランドファンを増やそうと、認定製品の製造現場や店舗を見学・体験するツアーを開催しています。

参加した市民の声

  • いつも利用しているお店なので興味があった
  • 金沢かがやきブランドについて知ることができた

事例3 認定製品体験会の開催

紫の法被を着た男性と、マスクをした男性が、パネルや書類などが置かれた机の横に立ち、着席する男性と男の子が机の上のパネルを見ている写真

実際に認定製品のアプリや装置などに触れ、体験することで興味や関心を持っていただくための活動を行っています。

参加した市民の声

  • こういうものがあるとは知らなかった
  • 便利なので、家族や知人にも伝えたい

事例4 市内で開催された見本市等への出展

メガネの男性が、出展コーナーに訪れた女性2名に試食品を差し出している写真

「金沢かがやきブランド情報発信チーム」のブースに、複数の企業が自社の認定製品を展示し、バイヤー等に売り込んでいます。さらには、ともに出展した企業との交流にもつながっています。

参加した企業の声

認定製品の認知度が上がり、新たなお客様の来店につながった

事例5 県外で開催された見本市への出展

紫の法被を着た男性が、展示されている商品を支え、出展コーナーを訪れた男性がその展示品を見ている写真

首都圏で開催された見本市に出展した際には、複数の認定製品を展示し、多くの来場者に、実際に手に取っていただく等しながら、製品の紹介を行っています。

参加した企業の声

新たな取引に繋がる出会いがあった

大賞製品

(画像をクリックすると製品を紹介するページにジャンプします)

黄緑と白色の丸型のはなもっこ置時計の写真

令和3年度 はなもっこ置時計
 有限会社シーブレーン

オクラ、トマトの野菜をジュレ状の出し汁に入った、夏おでんの写真

令和2年度 金澤 夏おでん
 赤玉株式会社

スマートフォンアプリの写真

令和元年度 地域ICTプラットフォームサービス 結ネット
 株式会社シーピーユー

箏の写真

平成29年度 NEO-KOTO輝
 北菱電興株式会社

野菜や果物をまるごとアイスキャンディー写真

平成28年度 PocaPoca ICE POP
 有限会社ユーアンドゆ

Zenkei Curator VRのホーム画面の写真

平成27年度 Zenkei Curator VR
 全景株式会社

シンプルな腕時計の写真

平成27年度 awase 合
 有限会社シーブレーン

File Craneのホーム画面の写真

平成25年度 FileCrane
 株式会社エイブルコンピュータ

「金沢のエジソン」治具の写真

平成24年度 ベンリーバイス
株式会社ニシムラジグ

ピンクの箱に入った、自家焙煎カカオの羊羹の写真

平成24年度 自家焙煎カカオの羊羹
 キャラバンサライ株式会社

バス停に設置されたパネルを観光客が利用する写真

平成23年度 ビジュアル・バスロケーションシステム:道しる兵衛
 株式会社ホクリクコム

ジーンズにデコTシャツを着用した女性の写真

平成23年度 デコ・Tシャツ
 株式会社ヒロ

壁に設置された、液晶画面の写真

平成22年度 デジサイン
 サイバーステーション株式会社

2本の純米にごり酒 しろきの写真

平成22年度 福正宗 純米にごり酒 しろき
 株式会社福光屋

男性用と女性用の腕時計が重なり合った写真

平成21年度 はなもっこ
 有限会社シーブレーン

この記事に関するお問い合わせ先

商工業振興課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2193
ファックス番号:076-260-7191
お問い合わせフォーム