里親制度について

金沢市では、お子さんの里親になってくださる方を求めています。

 里親とは、さまざまな事情により、自分の家庭で生活することができなくなったお子さんを、自らの家庭に迎えて、愛情と真心を込めて養育してくださる方のことです。

 里親制度は、大人の「子育てがしたい」「こどもがほしい」という希望を満たすためではなく、社会的養護が必要なこどもの権利と利益を守るための制度です。

里親は、ボランティア制度ではありません。

 社会的養護制度のひとつであり、里親がこどもを養育するときは、金沢市から手当などが支払われます。
 里親になるためには、研修の受講などの手続きを経て、市に登録されることが必要です。

 養育をお願いする期間は、こどもや家庭の状況により、数日間から数年間までさまざまです。
 例えば、週末だけこどもを預かる里親もいますし、こどもと養子縁組をして育てている里親もいます。

 こども相談センターが、こどもの状況に合わせて里親を選びますので、里親がこどもを自由に選択できるわけではありません。
 こどもの中には、特別なケアが必要な子もいます。

里親をサポートする仕組みがあります。

里親の活動をサポートするため、次のような仕組みが設けられています。

  1. こども相談センター等による、専門的援助
  2. 里親会による里親同士の援助
  3. 里親の一時的な休息のための援助(レスパイト)
  4. 研修会、後援会等の開催 …等

里親制度のご案内(パンフレット等)

里親登録の流れ、手当や支援機関の詳しい内容を掲載しています。

里親制度パンフレット(令和2年8月1日現在)

里親支援機関のご案内(令和4年4月1日現在)

厚生労働省ホームページリンク

問い合わせ先

こども相談センター(児童相談所)
金沢市富樫3丁目10番1号(教育プラザ内)
電話番号:076-243-4158

この記事に関するお問い合わせ先

こども相談センター
郵便番号:921-8171
住所:金沢市富樫3丁目10番1号(教育プラザ内)
電話番号:076-243-4158
ファックス番号:076-243-1123
お問い合わせフォーム