辰巳用水

歩道の左側に木々が立ち並び、左裏の両側に石塀に挟まれた用水路の写真

延長

約16.5キロメートル(近江町用水、高岡町排水路区間を含む)

(取水口から兼六園までの約11kmの区間のうち、国指定史跡区間は上・中流部の延長約8.7km)

完成年

寛永9年(1632年)

成り立ち

寛永8年(1631年)の法船寺の大火は、城下を焼きつくし城内の殿閣をも焼失させた。これがきっかけとなり、翌年、三代藩主・利常の命で板屋兵四郎が完成させたといわれている。これにより城内の飲料水を供給するとともに、金沢城周辺の空掘りを水濠にすることができた。当時、幕府との関係が緊張状態にあったことから、防衛上の観点を重視して造られたとみる向きが強い。約4キロメートルのずい道(現存)を使い、当時の最先端技術を駆使して、難工事を一年足らずで終えたという。当時は木管を使用していたが、藩政時代後期に石管に取り替えられた。その石管が掘り出され、石川県立歴史博物館外や金沢神社敷地内などに置かれている。また、大正期には、水路の一部に水力発電施設を設けて発電したり、大正・昭和初期にかけては、小立野地区の民家・商家では水車を設けて、野菜を洗ったり精米したりしていたという。

現在

犀川上流右岸、上辰巳町の東岩地点で取水している。兼六園の曲水の主要な水源として利用されていることは有名。また、広坂通りでは鯉が放流(4月上旬〜11月上旬)されている。さらに、大道割〜錦町の約2キロメートル区間では自然豊かな辰巳用水遊歩道(平成5年完成)が整備され、市民に親しまれている。

この記事に関するお問い合わせ先

歴史都市推進課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2208
ファックス番号:076-224-5046
お問い合わせフォーム