年金からの天引き(特別徴収)について

更新日:2022年03月15日

国保被保険者全員が65歳以上75歳未満の世帯の保険料納付について、原則、世帯主の年金からの天引き(特別徴収)となります。
ただし、世帯主が国保被保険者以外の場合や年金額が年額18万円未満の場合、介護保険料の天引きとあわせた額が年金額の2分の1を超える場合は、天引きは実施されません。
この場合は、口座振替などにより保険料を納めることになります(普通徴収)

「年金天引き」から「口座振替」への納付方法の変更について

「年金天引き(特別徴収)」の方も、お申し出により、「口座振替」に変更できます。
(注意)手続きの時期によって、年金天引きから口座振替に切り替わる時期が変わります。

  • 年金天引き(特別徴収)を継続される場合は、手続きは不要です。
  • 一度申し出いただいた世帯は、再度の手続きは不要です。

口座振替への変更に際し、以下の点にご注意ください

  1. お手続きに際しては、申出書と口座振替依頼書の提出が必要ですので、
    1. 振替口座の預金通帳
    2. 通帳のお届け印
    3. 保険証
    をご持参くださるか、電話にて必要書類を請求くださるようお願いします。
  2. ご本人様以外の口座からのお支払いに変更した場合、その社会保険料控除は口座振替により支払った方に適用されます。これにより、世帯全体の所得税額や住民税額が少なくなる場合があります。
  3. これまでの納付状況等から、口座振替への変更が認められない場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

医療保険課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2255
ファックス番号:076-232-5644
お問い合わせフォーム