熱中症にご注意ください

熱中症とは

 気温や湿度が高い所に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に
熱がこもった状態をいいます。屋外だけでなく家の中で何もしていない時でも熱中症になる場合もあり、注意が必要です。

熱中症の症状は

 めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感など。
 重症になるとけいれんや呼びかけに対して返事がおかしい、意識消失などが起こります。

熱中症予防のポイント

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、感染防止の3つの基本である1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗い、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。このような「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントは以下のとおりです。

暑さを避ける

  • エアコンを利用する等、部屋の温度調節
  • 感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整
  • 暑い日や時間帯は無理をしない
  • 涼しい服装、日傘や帽子の着用
  • 少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動

適宜マスクをはずす

  • 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
  • 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずす
  • マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩を

こまめな水分補給

  • のどが渇く前に水分補給
  • 1日あたり1.2リットルを目安に
  • 大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

日頃からの健康管理

  • 日頃から体温測定、健康チェック
  • 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で療養

暑さに備えた体作り

  • 暑くなり始めの時期から適度な運動。「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度。
     (日頃からウォ-キング等で汗をかく習慣を身につけていれば、夏の暑さにも対抗しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。)
  • 水分補給は忘れずに、無理のない範囲で

熱中症が疑われる人に気づいたら

熱中症の重症度による症状と対応一覧
重症度 主な症状 対応
1.度
軽症
手足がしびれる
めまい・立ちくらみがある
筋肉のこむら返りがある(痛い)
気分が悪い・ボーっとする
  • 涼しい場所に移動 安静
  • 冷やした水分・塩分を補給
  • 誰かがついて見守り、症状が改善しなかったり、口から水分を摂取できなければ、病院へ
2.度
中等症
頭痛
吐き気・嘔吐
体がだるい(倦怠感)
体に力が入らない
  • 涼しい場所に移動 安静
  • 冷やした水分・塩分を補給
  • 衣服をゆるめ、体を冷たいタオル、氷等で冷やす
  • 誰かがついて見守り、症状が改善しなかったり、口から水分を摂取できなければ、病院へ
3.度
重症
意識障害(呼びかけに対し反応がおかしいなど)
運動障害(まっすぐに歩けない、走れないなど)
けいれん
ためらわず救急車を呼ぶ
 +(プラス)
  • 涼しい場所に移動 安静
  • 衣服をゆるめ、体を冷たいタオル、氷等で冷やす

熱中症に関する相談窓口

  • 泉野福祉健康センター 電話番号 076-242-1131 ファックス番号 076-242-8037
  • 元町福祉健康センター 電話番号 076-251-0200 ファックス番号 076-251-5704
  • 駅西福祉健康センター 電話番号 076-234-5103 ファックス番号 076-234-5104

熱中症情報に関するリンク

石川県

厚生労働省

石川労働局

環境省

気象庁

この記事に関するお問い合わせ先

健康政策課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2233
ファックス番号:076-220-2231
お問い合わせフォーム