令和6年能登半島地震災害義援金の配分について

令和6年1月1日に発生した能登半島地震により被災された方に対して、国内外の皆様から寄せられた義援金を、石川県災害義援金配分委員会において決定した基準により配分します。

※義援金は、石川県、日本赤十字社石川県支部、石川県共同募金会に寄せられたものです。

1、配分対象及び配分金額

被害区分 対象 申請できる方 配分金額

人的被害

死者・行方不明者 被災地において生活していた事実が住民登録等で証明され、かつ今回の震災によって死亡した事実が死亡診断書等により証明された方(災害関連死含む)
※震災後3か月間その生死が分からない行方不明者は、死亡したと推定し、「死者」の扱いに準ずる
直系の遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母)
※いずれも存しない場合は、死亡当時に、同居または生計を同じくしていた兄弟姉妹を含む
20万円/人
重傷者 今回の震災により、1か月以上の治療を要する負傷を負った方
※被災後の後片付け作業中に骨折したなどの2次被害は対象外
負傷した本人 10万円/人

住家被害

全壊 罹災証明書で「全壊」と認定された世帯
※大規模半壊、中規模半壊、半壊の判定を受けていても、やむを得ず解体した場合は「全壊」とみなす(みなし全壊)

住居に居住していた

世帯主

20万円/

世帯

大規模半壊 罹災証明書で「大規模半壊」と認定された世帯

15万円/

世帯

中規模半壊 罹災証明書で「中規模半壊」と認定された世帯

10万円/

世帯

半壊 罹災証明書で「半壊」と認定された世帯

5万円/

世帯

※人的被害と住家被害は重複して申請することができます。 

2、申請時に必要な書類

(1)令和6年能登半島地震災害義援金配分申請書

令和6年能登半島地震災害義援金 配分申請書(PDFファイル:117.1KB)

令和6年能登半島地震災害義援金 配分申請書(Excelファイル:38.1KB)

(2)添付書類

1.死亡した方のご遺族

□ 死亡診断書の写し ※発行にかかる費用は個人負担となります。

□ 死亡した方のご遺族であることを証明する書類(戸籍謄本等)

□ 死亡した方が住民登録をしていなかった場合は、居住していた事実を証明する書類

(水道・電気等の料金明細、家屋の賃貸契約書等)

2.重傷を負った方

□医師の診断書の写し ※発行にかかる費用は個人負担となります。

3.住家に被害を受けた方

□罹災証明書の写し

□被害を受けた住家に住民登録がない場合は、居住していたことを証明する書類

(世帯主名義の水道・電気等の料金明細、家屋の賃貸契約書等)

□「みなし全壊」で申請する場合は、解体証明書の写しまたは滅失登記済みの登記簿謄本

4.通帳の写し または キャッシュカードの写し

□振込先の口座番号・名義人のフリガナ表記が記載されているページをコピーしてください。

□申請者と振込口座名義が異なる場合は、申請書裏面の委任状を記入し、提出してください。

金沢市では、地震による被災者の方々への支援として、被災者生活再建支援金(金沢市被災者生活再建支援金を含む)の申請を受け付けています(災害弔慰金・災害障害見舞金は今後受付予定)。これらの申請を行った場合は、対象者へ郵送する「令和6年能登半島地震災害義援金に関する同意書」のみご提出ください。義援金の申請書および添付書類は不要です。

ただし、義援金を優先してお受け取りになりたい場合は、必要書類を添付の上、義援金の申請をしてください。なお、被災者生活再建支援金(金沢市被災者生活再建支援金を含む)および災害弔慰金・災害障害見舞金の申請は別途必要(省略不可)である旨、ご理解くださいますようお願いいたします。

3、申請方法・振込時期等

(1)窓口 場所:金沢市 福祉政策課

時間:月~金曜日(祝日除く) 午前9時~午後5時45分

(2)郵送 上記2(申請時に必要な書類)をお送りください。

あて先:〒920-8577 金沢市広坂1丁目1番1号 金沢市福祉政策課  

※申請書到着後1ヶ月程度を目安に振込送金する予定としております。申請が多数重なった時は、上記の目安を超える場合がありますのでご了承ください。
※今後の義援金受入れ状況に応じ、追加配分がある場合は、同じ口座に振り込みます。(再度の申請は必要ありません。)

4、注意事項

今後の義援金受入れ状況に応じ、追加配分がある場合は、同じ口座に振り込みます。(再度の申請は必要ありません。)

この記事に関するお問い合わせ先

福祉政策課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2288
ファックス番号:076-260-7192
お問い合わせフォーム