乳幼児期に受ける定期予防接種一覧

定期予防接種一覧(乳幼児期)

(注意)すべて個別接種です。

定期予防接種一覧(乳幼児期)の詳細
種類 予防接種について 対象年齢 接種回数(標準的接種の場合) ワクチン
種別

【ロタウイルス】ロタリックス
予防接種について<ロタウイルス>(PDFファイル:293.5KB) 出生6週0日後から24週0日後まで 27日以上の間隔をおいて2回経口投与
(初回接種については、標準として生後2か月~出生14週6日後まで)

ワクチン
(経口)
【ロタウイルス】ロタテック 予防接種について<ロタウイルス>(PDFファイル:293.5KB) 出生6週0日後から32週0日後まで 27日以上の間隔をおいて3回経口投与
(初回接種については、標準として生後2か月~出生14週6日後まで)

ワクチン
(経口)
ヒブ(インフルエンザ菌b型) 予防接種について<ヒブ・小児の肺炎球菌>(PDFファイル:250.7KB) 生後2か月から5歳の誕生日の前日まで
ヒブワクチンの接種間隔(PDF形式:151kbyte)
【初回】
27日以上、(標準として27日から56日)の間隔で3回(2回目、3回目の接種は1歳の誕生日の前日までに完了)
不活化
ワクチン
【追加】
初回終了後、7か月以上(標準として7か月から13か月)の間隔ををあけて1回
不活化
ワクチン
小児用肺炎球菌
 

予防接種について<ヒブ・小児の肺炎球菌>(PDFファイル:250.7KB)

生後2か月から5歳の誕生日の前日まで
小児用肺炎球菌ワクチンの接種間隔(PDFファイル:141.9KB)
【初回】
27日以上の間隔をあけて3回(3回目の接種は2歳の誕生日の前日までに完了)
不活化
ワクチン
【追加】
追加3回目接種から60日以上あけて、1歳以降に、(生後12か月~生後15か月までを標準的な接種期間として)1回
不活化
ワクチン
B型肝炎
 
予防接種について<B型肝炎>(PDFファイル:234.3KB) 1歳の誕生日の前日まで(標準接種期間は生後2か月から9か月) 27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種 不活化
ワクチン
結核(BCG)
 
予防接種について<結核(BCG)>(PDFファイル:260.3KB) 1歳の誕生日の前日まで(標準接種期間は生後5か月から7か月) 1回で完了
(注意)平成25年4月より、協力医療機関での個別接種に変わりました。

ワクチン
四種混合(ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風)
 
予防接種について<四種混合(ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風)>(PDFファイル:270.8KB) 1期
生後3か月から
7歳6か月の前日まで
【初回】
20日以上(標準として20日~56日)の間隔をあけて3回
不活化
ワクチン
【追加】
1期3回完了後、6か月以上(標準として1年~1年半)あけて1回
麻しん・風しん 予防接種について<麻しん・風しん>(PDFファイル:280.5KB)
  • 1期
    1歳から2歳の誕生日の前日まで
  • 2期
    小学校入学前1年間(3月31日まで)
1回ずつ(計2回)で完了
ワクチン
水痘 予防接種について<水痘>(PDFファイル:247.7KB) 1歳から3歳の誕生日の前日まで 生後12か月~生後15か月までの間に1回目、1回目終了後6か月~12か月の間隔をあけて2回目
ワクチン
日本脳炎 予防接種について<日本脳炎>(PDFファイル:133KB) 1期
生後3か月から7歳6か月の前日まで
【初回】
6日以上(標準として6日~28日)の間隔をあけて2回
不活化
ワクチン
【追加】
1期2回完了後、6か月以上(標準としておおむね1年)の間隔をあけて1回
不活化
ワクチン

他の予防接種との接種間隔(令和2年10月1日~)

 注射生ワクチンを接種した日の翌日から起算して、他の種類の注射生ワクチンを接種するまでの間隔は、27日以上あけてください。

(例)月曜日に予防接種を受けたら、4週間後の月曜日に次の予防接種を受けられます。

注意

同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、それぞれのワクチンに定められた接種間隔を守って接種してください。

お問い合わせ

予防接種専用電話 : 076-220-2701

この記事に関するお問い合わせ先

健康政策課
郵便番号:920-8577
住所:金沢市広坂1丁目1番1号
電話番号:076-220-2233
ファックス番号:076-220-2231
お問い合わせフォーム